5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

国内初?!関西空港で外国人客が持ち込もうとしたサンスンスマホ 発煙です!

ニュース

国内初?!関西空港で外国人客が持ち込もうとしたサンスンスマホ 発煙です!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

10月15日から航空機への持ち込みが国内で全面禁止された、韓国サムスン電子の新型スマートフォン「Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)」が、関西空港で外国人客が持ち込もうとした際に煙が出たことが21日、国土交通省航空局(JCAB)などへの取材でわかった。

空港など国内の航空関連施設で、ノート7が発煙したのは初めて。

 航空局によると18日午後0時30分ごろ、関空第2ターミナルの国際線保安検査場で発生。

出国する外国人客の手荷物をX線で検査した際、ノート7が見つかった。

 検査場の係員が、外国人客にノート7を機内に持ち込めないと説明したところ、この乗客が立腹。

ノート7から無理にバッテリーを外そうとした際に煙が出た。

航空局によると、ノート7は本体からバッテリーを簡単に外せない構造だという。

 ノート7は8月19日に韓国や米国などで販売開始。

ところが、利用者がバッテリーを充電中に爆発するなどの事故が相次ぎ、サムスン電子が対策品に交換後も事故が続いていた。

 9月に入り、FAA(米国連邦航空局)や航空局が利用者に対し、機内での充電や使用、受託手荷物として預けないよう強く求めていた。

日本の携帯電話会社からは未発売だったが、海外で購入した人や外国人客が国内に持ち込む可能性があることから、対策を講じていた。

 10月14日にはノート7の機内持ち込みや空輸を、米国運輸省(DOT)やFAAが全面的に禁止。

航空局も足並みを揃え、15日からは日本の航空会社でもノート7を機内に一切持ち込めなくなった。

メーカーのサムスン電子は、11日に製造・販売の打ち切りを発表している。

 航空局では、すでに機内持ち込みを全面禁止していることから、追加措置は現在のところ考えていないという。

サンスンスマホの爆発は 中国製のバッテリーのせい?!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法